就職・転職・求人とかで使えるサイト

女性の転職事情

女性の転職・実践マニュアル

●女性の再就職は難しい?

再就職を目指す女性には様々な理由があるでしょう。例えば出産のために仕事を辞め、出産、育児が一段落したので再び働き出そうという場合。この場合は仕事と育児を両立することになりますが、両立するためにはクリアしなければならない課題が多いのが現状です。
もちろん育児関連を理由とした転職のほかにも、キャリアアップを目指すなど様々なケースがあるでしょう。ただ、例えばこれまで事務一筋だった…という人は、経験面からほかの仕事に移りづらいなど、色々なネックがあります。
一般的に女性の再就職は男性にはない問題があり、難しい面もあります。そのため入念な下準備が欠かせません。また正社員にこだわりすぎない柔軟な姿勢も必要でしょう。人件費を減らすために正社員の仕事をパート・アルバイトに任せる会社も増えていますし、パート・アルバイトでもやりがいのある仕事はあります。選択肢は多いに越したことはありませんから、一考の余地はあるでしょう。  

●子どもがいる場合は?

育児をしながら再就職に向けて活動を始める場合、育児、家事、仕事のバランスなどについて、まずは家族と充分に話し合うことが大切です。自分と家族の両方が納得できるかたちで就職活動をスタートさせないと、なかなかいい結果は望めません。もし就職が決まったとしても、後々問題が出てくる可能性があります。
家族との話し合いで特に重要なのが、自分がいない間の子どもの世話をどうするかという問題でしょう。子どもの預け先の確保は真っ先に考えるべきポイントです。仕事が決まってから預け先を考える、という方法もありますが、あまりオススメはできません。育児の関係で面接時間が限定されるなど、就職活動の妨げになる可能性があるからです。
例えば面接で育児についてや残業の可否についてきかれた場合でも、子どもの預け先が決まっていれば明確な返答をすることができます。子どもの預け先として代表的なものは幼稚園、保育園、託児所、ベビーホテルなどが挙げられます。申し込み期間が限定されていることもあるので、なるべく早い段階から情報収集しておくようにしてください。

就職・転職・求人・転職関連のハナシは、このホムペでチェック☆

Copyright (C)2012女性の転職・実践マニュアル.All rights reserved.